のど風邪予防に!人気のマヌカハニーについて知りたい!

近年注目を集めている「マヌカハニー」ですが、普通のはちみつとは何が違うのでしょうか? こちらの記事で詳しく見てみましょう。

ピックアップ 2017/11/15

Q1:マヌカハニーとは?

 

A1:

ニュージーランドだけに原生するマヌカと呼ばれるかん木の花蜜を西洋ミツバチが採集し、ミツバチの持つ独特な物質によって変化させて、貯蔵、脱水し、熟成させて作られたはちみつです。

Q2:マヌカハニーの組成について教えて!

図  はちみつの成分

A2:

はちみつには、一般的に糖質が約80%、水分が約20%含まれています。

マヌカハニーもはちみつなので、同じような成分ですが、ビタミンやミネラルが特に豊富に含まれているのが特徴です。

ビタミンB1、ビタミンB2、 葉酸、ニコチンアミド、バントテン酸、ビタミンC、ビタミンK、カルシウム、鉄、カリウムなどに加えてアミノ酸やポリフェノールも含まれています。

Q3:マヌカハニーのマヌカについて知りたい!

写真 マヌカの花

A3:

マヌカの木の野生種は、古代から薬草の木として人々に知られています。南半球の夏である12月ごろになると直径8~12mm位の白い花を咲かせます。園芸種では、白、ピンク、赤などの美しい花を咲かせます。花が咲いている期間はおよそ4週間で、マヌカハニーを採取できるのは1年のうちで、この4週間だけです。採取できる期間も短いため、とても貴重で、高価なはちみつです。

文 管理栄養士 佐藤みずほ

参考資料
1) 高橋襄:マヌカ・ハニーの特性,ミツバチ科学,24(1), 7-14,2003
2) 日本マヌカ・ハニー協会ホームページ, 2017/10/5,
3) TCNホームページ, 2017/10/5,