喉が痛くなったときに食べたい! オススメの食事

喉が痛くなったときに食べたい! オススメの食事を紹介します!

「喉が痛くなったときに食べたい! オススメの食べ物」のところでは、喉の腫れや痛みを患った時に有効な食材について触れていきました。

今回は、のどの腫れや痛みを跳ね返すオススメの食べ物を使用して、「実際にどんな料理を作ればいいのか」について考えていきましょう。

 

実際にどんな料理を作ればいいの?

 

①レバー を使った調理例 【ビタミンA】

 

レバーはビタミンAの宝庫!

レバーに抵抗がない人ならば、しょうがやニンニク、にんじんやタマネギ、ホウレンソウなどと一緒に炒めて食べるとよいでしょう。

レバーが多少苦手な人の場合は、すりおろしたニンニクとフードプロセッサーにかけたレバーを挽肉にまぜてハンバーグを作ったり、豚塊肉とあわせてパテ・ド・カンパーニュを作ったりするとよいでしょう。

パテ・ド・カンパーニュは難しく思われがちですが、フードプロセッサーを使うと簡単に作ることができます。また、パテ・ド・カンパーニュは意外とはちみつともよく合います。お好みでかけて食べましょう。

また、忘れてはいけないのが、定番の「レバニラ炒め」です。滋養強壮にも役立つこの料理は、非常に手軽に作ることができるのも魅力。夏バテの解消にもいいですね!

 

②にんじん を使った調理例【ビタミンA】

 

にんじんもビタミンAが豊富な食材です。

もう少し手軽に取りたい人は、ほうれんそうとにんじん、シソを炒めて、これを卵に包んで作る具だくさんのオムレツを作ることをおすすめします。朝食にも使える手軽な一品ですが、ビタミンAをたくさん含んだ食材と抗菌効果のある食材を一度にとることがでますよ♪

にんじんは非常にはん用性の高い食材でもあります。このため、さまざまな食べ方ができます。

たとえば、にんじんとゴボウをささがきにしてゴマとしょうゆ、みりんで仕立てると、副菜にぴったりなきんぴらゴボウができあがります。

 

 

③ニンニク・ショウガ を使った調理例

 

抗菌効果が見込めるこれらの食材は、料理の名サポーターとして活躍します。

ニンニクやショウガは、臭み抜きの役目を果たしてくれます。ビタミンAを豊富に含む食べ物の一つとして「アナゴ」がありますが、アナゴとショウガ、それからタケノコなどを合わせて炊き込んだ炊き込みご飯は、非常に香り高い料理に仕上がります。

 

 

④鱈(タラ)を使った調理例

 

 

鱈もビタミンAの多い食材です。

寒い季節には、ネギや生姜、にんじんなど、のどにいい食材を色々加えて、鍋にするのがよいでしょう。

 

 

⑤ゴボウ を使った調理例

 

ゴボウはメインの食材にもなることのできる食材です。

上で挙げた「アナゴとショウガの炊き込みご飯」にゴボウを入れるのもよいでしょう。

また、ゴボウ・にんじん・うずら卵(ビタミンAをよく含む)を炊き合わせても良いものですし、ダイコンの葉っぱ(200グラム程度で成人女性の1日のビタミンA摂取量の推奨量をクリアできる食材)とゴボウを合わせてみそベースの調味料で炒める料理もおいしく食べることができます。

また、ゴボウは、これもまたビタミンAが豊富な「うなぎ」と相性のよいもの。うなぎとゴボウをあわせて卵でとじて、山椒をふって食べるのもおいしい食べ方です。

 

 

 

このように、「喉によい食材の組み合わせ」は数多くあり、

ここで紹介したレシピ以外にも、さまざまな食材の組合せ合わせがあります。

今回紹介をした食材を上手に組み合わせて、喉の腫れや痛みを撃退する料理を作っていきましょう。