世界ののどケア情報をお届け! 第2弾~タイ バンコク~

世界ののどケア情報をお届けします! このシリーズでは、のどケア編集部が訪れた世界各国ののどケア情報をレポートしていきます。 第一弾は、タイ バンコクから!

    のどケア情報 2018/08/09

    世界ののどケア情報をお届けします!

    このシリーズでは、のどケア編集部が訪れた世界各国ののどケア情報をレポートしていきます。

    第二弾は、タイ バンコクから!

     

    湿度の高い国でののどケア

    訪問したバンコクの天気は、曇りの日が多く、まれに晴れ間が見る日もありました。

    日中の気温は、平均28℃で、東京より気温は少し低いですが、

    熱帯気候のため、湿度を強く感じます。

     

    レストランなどの室内は冷房がかなり効いているため、

    室内と室外の温度差が大きく、体調を壊しやすい環境に感じました。

     

    豊富な種類のはちみつ

    タイには、日本のメーカー(菓子、調味料、調理加工品など)の商品がコンビニエンスストア、百貨店などで数多く販売されています。

    一方、はちみつは、タイ産の製品が豊富に販売されていました。

     

      

    ▼Goumet Market サイアム・パラゴン店 はちみつ製品売場の写真

     

    特に目についたのは、

    タイ産ロンガンという(竜眼 リュウガン)実の花からとれたはちみつです。

    しつこくなくフルーティな味が特長です。

     

    ▼Longan Honey

     

    はちみつ以外にはレモングラス、ジンジャーティなどのハーブティも豊富に販売されていました。

     

    のどケア効果について

    はちみつには、抗菌作用があるため、喉の痛みや炎症を抑える効果があります。

     

    また、レモングラスには、夏バテ防止、疲労回復などの効果があり、

    そして、ジンジャーに含まれている「ジンゲロール」という成分が殺菌作用、抗炎症作用を示します。

     

     

    タイは、室外は湿度が高く蒸し暑い一方、室内は冷房がよく効いています。

     

    このような環境では、風邪をひきやすいですが、

    普段の食生活の中で、はちみつ、レモングラス、ジンジャーなどを摂取することで、自然とのどケアしているようです。